育毛剤を使用する場合の注意点

育毛剤の効果が現れるまでに3ヶ月から6ヶ月かかります

髪の毛というものはヘアサイクルによって長い期間を経て、少しずつ成長していくようになっています。ヘアサイクルはおよそ7年の周期で成長期から退行期へ、退行期から休止期へ、休止期から成長期へと繰り返し回っています。成長期はその名の通り髪の毛が成長するための期間で、およそ4~6年の月日をかけて太く長い毛を作るようになっています。退行期は髪の毛の成長が止まる期間で2~3週間の幹細胞が休む期間となり、次の休止期でこれまで生えていた毛を脱毛させて、3~4ヶ月の期間をかけて新たな髪の毛を作り出します。育毛剤は髪の毛を効果的に成長させるものですが、使用したからといって翌日に異常な早さで毛が伸びてくるわけではありません。ヘアサイクルが正常であれば、毛母細胞を活性化させて4~6年かけて髪の毛を成長させるのを手助けするのが育毛剤の役割です。薄毛に悩んでいた時に使用するのであれば、そのほとんどが産毛であり、太く濃い毛になるまではまだまだ時間が必要となり、少なくとも効果が実感できるまでは6ヶ月は必要とされます。早い人なら3ヶ月ほどで目に見えるように成長しますが、これは人によって違いが大きいので一概に言えるものではありません。もちろん頭皮の状態によっても違いができるので、育毛剤を使って効果を早く実感したいという人は、普段から頭皮のヘアケアを入念に行うことが重要です。また、毛が抜け落ちている場合は休止期に入っているので、3~4ヶ月の間は毛が伸びて成長期に入るまで待つ必要があります。どちらにしても育毛剤を使用して髪の毛を伸ばすのは時間がかかることなので、焦らず入念に頭皮ケアを行い、じっくりと髪の毛を伸ばすようにしましょう。