性器クラミジアに感染!症状や治療について

性病かなと思ったら、病院で診察してもらいましょう。素人判断せずに専門家の意見を聞いて、感染を他の人に広めないようにしましょう。ここでは代表的な性病の症状や治療について紹介します。

*

クラミジア治療の費用は?

   

クラミジア治療の費用は?

性器クラミジア感染症は、性病の中でも最も感染者が多い病気です。

この背景には、感染しても症状が出にくく、気が付かない間に感染者を増やしてしまっていることが挙げられます。

もし、何らかの異変が性器に現れた場合、すぐに検査を受けましょう。男性であれば泌尿器科、女性であれば婦人科で検査が可能です。

病院に行くのに抵抗がある場合は、検査キットを用いて感染の確認ができます。

ちなみに、病院での診察と検査にかかる費用は、保険適用で3,000円程度です。

性器クラミジア感染症の治療費に関しては、薬代として2,000円前後かかります。

検査を保健所で行う場合、無料で行うことができます。しかし、保健所では治療ができません。

また検査キットの場合は、5,000円から8,000円かかります。

検査キットは、保険が適用できないので、値段が上がってしまいます。

治療もできませんから陽性反応が出た場合は改めて泌尿器科や婦人科に受診しなければなりません。

保険は適用されるの?

性器クラミジア感染症の治療は、状態によって保険が適用されるかどうかが変わります。

保険適用の判断基準は、症状が出ているかどうかです。

性器や尿道から膿が出ていたり痛みを感じる場合、クラミジアの感染が疑われます。

クラミジアの感染が疑われる場合は、検査や治療費用が保険適応となる場合が多いです。

保険適用される場合、治療費用は3割負担で治療を受けられます。

費用の内訳は、検査代・診察代・薬代で、おおよそ5,000円です。

風邪などの治療に比べると、少し値段が上がります。

一方、症状が出ていない場合などは、検査で保険が適用されません。

予防治療や予防検査では、保険が適用されないことが多いのです。

しかし、性器クラミジア感染症は、症状が出にくい性疾患です。心当たりがある場合は病院で検査を受けたほうが良いでしょう。

また、保険は適用されませんが、検査キットを用いての検査も可能です。

性器クラミジア感染症は、症状が悪化すると、不妊の原因になります。

早期発見・早期治療が大切なので、検査を受け、正しい治療を行いましょう。