性器クラミジアに感染!症状や治療について

性病かなと思ったら、病院で診察してもらいましょう。素人判断せずに専門家の意見を聞いて、感染を他の人に広めないようにしましょう。ここでは代表的な性病の症状や治療について紹介します。

*

クラミジアの診断・検査

   

クラミジアの診断・検査

性器クラミジア感染症は、若年層を中心に、日本で最も多い性感染症です。

無症状のまま経過するので、性器クラミジア感染症特有の症状が出た時には、すでに慢性化しています。そのため、治療が長引く疾患です。

クラミジアは、0.3ミクロン程度の細菌とウイルスの中間的な病原体とされています。

性器クラミジア感染症の原因は、クラミジア・トラコマチスです。

性器クラミジア感染症の検査方法は、採血や検体から調べられます。

採血では、体内にクラミジアがいるかどうかを調べます。体内のどこにいるかも血液検査で調べられるのです。

一方、尿や膣分泌物といった検体からは、膣や尿道にクラミジアがいるかどうかを調べるのです。

検査結果は早ければ当日、遅くても1週間以内に出ます。

性器クラミジア感染症は悪化すると精巣上体炎や子宮頸管炎などを招き、不妊の原因にもなります。

少しでも異変を感じたら、すぐに病院で検査をしましょう。

いつクラミジア検査をするべき?

性器クラミジア感染症の検査のタイミングは、感染した日から2日、もしくは3日経過している必要があります。

初期の性器クラミジア感染症の検査では、尿や膣分泌物を採取して検査します。膣内や尿道にクラミジアがいるかどうかを調べるのです。

検査期間は、早ければ当日、平均すると3日程度で判明します。

クラミジアの潜伏期間は、1週間から3週間です。

性器クラミジア感染症は、感染者の70%以上が無症状なため、感染に気付かない場合が多いのです。

これがクラミジアの感染を拡大させている要因となっています。

また、性器クラミジア感染症は、時間が経過すると、尿道や膣内より奥に入ってしまい、尿や膣分泌物からでは発見できないことが多いです。

この場合、血液検査でないとクラミジアに感染しているかどうかが判断できません。

しかし、この血液によるクラミジア感染症の検査は、感染して数か月経過していないと正確な検査結果が出ません。

性器クラミジア感染症は発見が難しいです。ちょっとした違和感や異変を見逃さないようにするほかありません。