性器クラミジアに感染!症状や治療について

性病かなと思ったら、病院で診察してもらいましょう。素人判断せずに専門家の意見を聞いて、感染を他の人に広めないようにしましょう。ここでは代表的な性病の症状や治療について紹介します。

*

クラミジアの予防

   

クラミジアの予防

性器クラミジア感染症は、性感染症の一つで、性行為によって感染します。

感染している人の粘膜や分泌物に触れることによって感染するのです。

クラミジアの感染力は非常に強く、1回の性行為で50%以上の確率で感染します。

主な感染経路は、性器から性器、性器から口腔、口腔から性器です。また、頻度は少なくなりますが、口腔から口腔への感染も考えられます。

クラミジアの予防方法は、セックスパートナーと事前に互いに検査を受け、感染していないことを確認することです。

他には、コンドームの使用が挙げられます。

コンドームは、劣化や破損のないものを正しく装着すると、感染を避けられるのです。

近年では、オーラルセックス用のものやアナルセックス用、女性用のコンドームまで販売されています。

自身のプレイに適切なコンドームを使用することで、性感染症は予防ができるのです。

性器クラミジア感染症は、症状の出にくい感染症なので、自覚症状のないまま感染させてしまう可能性があります。

不特定多数の人と性交渉を行うと、それだけ自身が感染するリスクを高めることになります。

信頼関係のある相手とのみ性行為を行うようにしましょう。

パートナーと一緒に治療をする

性器クラミジア感染症は、自覚症状に乏しい感染症です。

自分が感染していることに気づかないまま性交渉を行うと、パートナーを感染させてしまいます。

また、自分だけが性器クラミジア感染症の治療を行っても、パートナーにも感染していれば、再度パートナーから感染してしまうのです。

このような状態を、ピンポン感染と呼びます。

性器クラミジア感染症は、自身だけでなく、パートナーの治療も必要なのです。

パートナーと共に検査を受け、共に治療が必要な疾患といえます。

性器クラミジア感染症は、症状が出ていない場合や、軽度な場合でも、放置は厳禁です。男性の場合は尿道炎、女性の場合は卵管炎を併発させます。

また、性器クラミジア感染症は、不妊症も招く感染症なので、早期治療が望まれます。

複数の人と性交渉をもつ人は、2か月ごとに検査を受けましょう。

若い世代を中心に、性に対する意識も変わってきています。

多数の人と性交渉を持つ場合は、性感染症のリスクはそれだけ高まるのです。

性感染症を予防するためにも、正しい知識をもって自分の身は自分で守るようにしましょう。