性器クラミジアに感染!症状や治療について

性病かなと思ったら、病院で診察してもらいましょう。素人判断せずに専門家の意見を聞いて、感染を他の人に広めないようにしましょう。ここでは代表的な性病の症状や治療について紹介します。

*

クラミジアを治療しないとどうなる?

   

クラミジアを治療しないとどうなる?

クラミジアはとても怖い病気の一つです。

最近では、最も多い性感染症とも言われています。

クラミジアに感染する原因は、ほとんどの場合が性交渉です。

性器クラミジア感染症は、特に女性が発症しやすく、男性の2倍にもなります。

クラミジア菌は弱い菌なので、空気に触れるとすぐに死にます。しかし、女性器は空気に触れる機会が少ないため、女性に発症しやすくなるのです。

また、性器クラミジア感染症は、自覚症状がない場合が多いのです。

症状が出始めた時には、症状が進行してしまっている場合もあります。

クラミジアに感染していることに気がつかず放置すれば、将来的に不妊症になってしまうこともあるのです。

妊娠中に感染してしまうと、母子感染で胎児にも影響を与えてしまいます。

また、結膜炎や肺炎を起こすので、注意が必要です。

そのためにも、少しでも違和感を感じたら、すぐに病院で検査を受けましょう。

性器クラミジア感染症は、早期発見・早期治療を行うことで、症状の悪化を防げます。

性病検査キットも販売されているので、病院に行きにくい方は検査キットを利用しましょう。

クラミジアの治療はどこに行けば良い?

クラミジアを治療する際は、産婦人科か泌尿器科を受診しましょう。

特に、女性で妊娠や出産の予定がある方は産婦人科がおすすめです。

性器ではなく、咽頭感染の場合は、耳鼻咽喉科でもいいでしょう。

病院に抵抗がある人は、性病検査キットにて、自宅で検査できます。

性病の検査を受けに行くのが恥ずかしく、症状が出ていても我慢してしまう人がいますが、性器クラミジア感染症は、自然治癒しません。

検査を受ける際、女性の場合は子宮頸管の分泌物や膣粘膜の分泌物を採取して検査をします。

一方、男性の場合は血液検査や尿検査をすることになります。

のどの場合は、咽頭部の粘液を拭って検体とします。

いずれもあまり痛みはありません。検査も短時間で終えることができます。

もし体に異変を感じたら、早めに検査を受けるようにしましょう。